▼『ゴジらくざ』キャンペーン

sorawo_miagete

富士川楽座では、11月17日から全国公開される映画「GODZILLA 怪獣惑星」とタイアップした「ゴジらくざキャンペーン」を11月18日から展開いたします。

 

“5”にちなんだ、特選グルメやお買い得商品、新商品やおすすめグッズなど盛りだくさん!また期間中、館内で500円以上のお買い物をしたレシートをPM5:00以降に、4Fまで持って行けば、ゴジラグッズが当たる抽選会にも参加できます。

 

さらに、4Fギャラリーでは『ゴジラ』から『GODZILLA 怪獣惑星』まで全32作の歴史を怪獣画で再現する企画展を開催します。もちろん併設する物販会場”GODZILLA SHOP”では、限定グッズの販売や、二大怪獣絵師によるイラスト付サイン会など開催。

 

【会期】2017年11月18日(土)~2017年12月3日(日)

 

#001 特選グルメ&グッズ

fuyu

特選グルメ&グッズ

映画「GODZILLA 怪獣惑星」とタイアップした「ゴジらくざキャンペーン」を11月18日から展開いたします。”5″にちなんだ、特選グルメやお買い得商品、新商品やおすすめグッズなど盛りだくさん!

 

また期間中、館内で500円以上のお買い物をしたレシートをPM5:00以降に、4Fまで持って行けば、ゴジラグッズが当たる抽選会にも参加できます。

 

#002 ゴジラ怪獣画展

sorawo_miagete

GODZILLA GENERATION

富士川楽座では、11月23日(木)~12月3日(日)そして、12月23日(木)~12月30日(土)の間、4階”フジヤマギャラリー“にて、アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』[11月17日(金)より全国公開]の公開を記念し、『ゴジラ』(1954年公開)から最新作『GODZILLA 怪獣惑星』までの全32作を、日本のみならず世界で多くのファンを魅了する“ゴジラ”を描き続けた作家3名(生賴範義・開田裕治・西川伸司)の作品を中心に紹介する原画展『GODIZLLA GENERATION 生賴範義・開田裕治・西川伸司 3ILLUSTRATORS’ 咆吼』を開催します。

 

当展では、平成ゴジラシリーズを中心に映画ポスターを描き続けた“生賴範義”、その時代に活躍する全てのゴジラを描き続ける怪獣絵師こと、イラストレーターの“開田裕治”、「ミレニアムゴジラ」「機龍」などの本編の怪獣デザイナーとしても活躍した漫画家“西川伸司”の3名を中心としたゴジラシリーズ全32作のジークレイ原画、複製原画など約30点(予定)の展示に加え、「シン・ゴジラ」描き下ろし8点、最新作公開記念として、開田裕治、西川伸司による「GODILLA 怪獣惑星」描き下ろしを公開いたします。

 

≫特設サイト

 

#003 GODZILLA SHOP & サイン会

sorawo_miagete

GODZILLA SHOP & サイン会

また物販会場では、サイン会などのイベント開催をはじめ、限定グッズを多数取り揃えた“GODZILLA SHOP”もオープン!

 

さらにイベント開催を記念して、各会場で好評の「直筆東宝怪獣イラスト付サイン会」を開催します。このサイン会は、各怪獣絵師の先生がお客様の目前で1枚1枚怪獣イラストを描くイベントで、物販会場にて税込5,000円以上お買い上げいただいた方を対象に参加券をお渡しさせていただきます。

 

▼西川伸司先生 11月23日(木・祝)13:00~

▼開田裕治先生 12月23日(土・祝)13:00~

 

≫特設サイト

 

#004 ゴジらくざ 抽選会

sorawo_miagete

ゴジらくざ 抽選会

期間中、富士川楽座で500円以上のお買い物・お食事をして、PM 5:00~PM 8:00の間、ゴジラグッズが当たる抽選会に参加をしよう。

 

さらに期間中のレシート・食券があれば、当日でなくても抽選会に参加ができます。(ただし抽選会は、12/3 PM8:00 までとなります)

 

【期間】11/18(土)~12/3(日)PM5:00~PM8:00

【会場】4F CAFE富士山のめぐみ

 

#005 GODZILLA 怪獣惑星

映画『GODZILLA 怪獣惑星』

▼STORY

二十世紀最後の夏。

その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。

 

巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。

 

移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。

 

だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。

 

果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

 

GODZILLA 怪獣惑星