ポスター

開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー

@富士川楽座

 

 

富士川楽座では、2019年7月20日(土)~8月18日(日)の期間、富士川楽座4Fフジヤマギャラリーにて、ガンプラの箱絵でおなじみ 開田裕治の画業40周年を記念し、『開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー』を開催いたします。

 

当館でも「ゴジラ」「ウルトラマン」の原画展を開催し、映画「キングコング : 髑髏島の巨神」「レディ・プレーヤー1」の日本版ポスターを担当するなど、その作品が多くの人に愛されているイラストレータ開田裕治。

 

本展は平面のセル画の世界のアニメを現実に呼び起こし、プラモデルの作り手のイメージを掻き立てる橋渡しとなるガンプラの箱絵を、黎明期から描き続ける開田裕治ならではのガンダムの魅力を最大限に表現。 展示では「機動戦士ガンダム」から「新機動戦記ガンダムW」までのアナログ原画、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」までのデジタル原画が迫力の展示で会場を埋めつくします。展示の作品は1枚1枚の絵の中に、ガンダム特有の工業製品であることと兵器であること、戦争状況の中で活躍しているドラマ性とともに描かれています。

 

 

ガンダムギャラリー詳細

 

40年に渡り、描き続けるガンダムを、4つのテーマで開田裕治自らが選んだ70点以上の原画を展示いたします。

 

①「GUNDAM/Mobile Suit」前半20年に描かれた機動戦士ガンダムから新機動戦士ガンダムWまでのガンプラ箱絵の原画を制作順に展示

②「武者頑駄無」SDガンダムBB戦士シリーズのガンプラ箱絵の原画展示

③ガンプラ以外の装画やポスターなどのアナログ原画展示

④「Digital」後半20年に描かれたガンプラの箱絵作品を中心に、最新作品を展示

 

会場では、本邦初公開の処女作「グワジン」を始め、静岡初公開作品を多数展示しております。

箱絵故の事由からトリミングされ、原画とは異なる印象の作品もございますが、実物のガンプラボックスと原画を見比べれる展示もございます。

 

そのほかにも、開田裕治の描いたガンプラボックスが積み上げられる壮観なタワーやデジタル作品が描かれている過程がわかる「Maiking of Hi-μ GUNDAM」など、 開田裕治の「ガンダム」アートワークを存分に体感できる空間となっております。

 

TAG index

 

開田裕治初箱絵作品「アッガイ」も展示

 

 

ガンダムギャラリー開催記念グッズ

ガンダムグッズ一覧

・表示価格は税抜です

・画像はイメージです

・内容は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください

※現在、原画展図録「ガンダム画帖」が欠品しているため、予約での販売となります。

 

 

入場特典

 

入場のお客様にはお1人様につき【A4クリアファイル】を1枚進呈

 

TAG index

A4クリアファイル

 

【入場料】

大人(中学生以上)/500円

子供(3歳〜小学生)/400円 

※3歳以下無料

 

・ノベルティの進呈は有料でのご入場が対象となります

・画像はイメージです

・なくなり次第終了

・内容は予告なく変更になる場合もございます

・デザインは監修中の為変更する場合がございます

 

©創通・サンライズ

©創通・サンライズ・MBS

 

 

イベント情報

 

開田裕治先生が富士川楽座に登場。各会場でも多くのファンを魅了した直筆イラスト付きサイン会を開催します。

目の前で、ガンダムやモビルスーツを描いて頂ける貴重な機会です。

会場内の物販コーナーで、当日5,000円以上(税込)のお買い上げのお客様、先着25名様に参加券をプレゼントします。

「ギャラリートーク」は、開田さんが自ら絵の前でガンダムへの想いや作画のテクニックを解説。参加無料だが、入場チケットが必要となります。

 

【直筆イラスト付きサイン会】

① 2019年7月20日(土)15:00~ 開田裕治直筆イラスト付きサイン会 (先着25名)

② 2019年7月21日(日)11:00~ 開田裕治直筆イラスト付きサイン会 (先着25名)

③ 2019年8月18日(日)13:00~ 開田裕治直筆イラスト付きサイン会 (先着25名)

 

【ギャラリートーク】

① 2019年7月21日(日)13:00~ 開田裕治ギャラリートーク

② 2019年8月18日(日)14:30~ 開田裕治ギャラリートーク

 

隔日、直筆イラスト付きサイン会終了後には、30〜60分程度在廊予定です。

在廊中は、会場内でお求め頂いたイラスト付き商品にサインをいただくことが出来ます。

*イラストは描きません。

 

 

開田裕治 プロフィール

 

TAG index

 

1953年 兵庫県生まれ。日本SF作家クラブ会員。

怪獣やロボットなどのSF、ファンタジーイラスト制作を中心に活動。

プラモデル、玩具、映像ソフト、ゲームソフト、音楽ソフトのパッケージや、雑誌や単行本表紙、トレーディングカード、映画ポスターなど幅広い分野のイラスト作品を手がける。

1997年 第28回星雲賞(アート部門)受賞。

2014年 第24回ゆうばり国際映ファンタスティック映画祭、ファンタランド大賞市民賞受賞。

 

【画集・著書】

・怪獣戯画(1989年、バンダイ)

・メガニクス(1990年、バンダイ)

・ワークス(1992年、バンダイ)

・怪獣画廊(1995年、メディアワークス)

・ウルトラマンジェネレーション(1999年、モビーディック)

・ゴジラジェネレーション(1999年 、モビーディック)

・ウルトラQ 開田裕治画集(2001年、角川書店)

・UTOPIA(2008年、ウェッジホールディングス)

・ウルトラ画帖(2012年、デジタルノイズ)

・ゴジラ画帖(2013年、デジタルノイズ)

・ゴジラ・イラストレーションズ(2014年、アスペクト)

・ウルトラ画帖II(2014年、デジタルノイズ)

・仮面ライダー画帖(2015年、デジタルノイズ)

・開田裕治画集ガンダム編(2015年、大日本絵画) 

・開田裕治 ウルトラ怪獣ぬりえ(2017年、玄光社)

・ウルトラ画帖 Ultimate(2017年、デジタルノイズ)。

 

【著書】

開田裕治 怪獣イラストテクニック (2016年、玄光社)

 

 

概要

 

イベント期間   2019年7月20日(土)〜 8月18日(日)

 

開催時間     10:00~17 :00

         ※入場は閉場の30分前まで

 

入場料      大人(中学生以上)/500円

(ノベルティ付) 子供(3歳〜小学生)/400円 

         ※3歳以下無料

         ※ノベルティの進呈は有料でのご入場が

          対象となります

         ※ご本人様に限ります

         ※ノベルティはなくなり次第終了です

 

会場       富士川楽座4F フジヤマギャラリー

         〒421-3305 静岡県富士市岩淵1488-1

 

企画制作     PARCO/MOBYDICK/DIGITAL NOISE

 

協力       創通・サンライズ

 

問い合わせ    道の駅 富士川楽座

         TEL: 0545-81-5555