富士百趣

 

おしらせ

sorawo_miagete

野間コレクション「富士百趣」特別展

古より信仰の対象として、自然美の象徴として、私たち日本人の心象に刻まれてきた富士の山容。日本ならではの絵画の絵画の主題として、近代日本画家の心をもとらえてきました。

 

今回の展示では、昭和3年大日本雄弁会講談社主催による「霊峰富士山展覧会」に寄せられた荒木十畝、池上秀畝、小堀鞆音、山口蓬春、土田麦僊といった近代日本画壇を代表する画家の手による色紙群「富士百趣」など、野間コレクションの中から富士を描いた佳作を厳選いたしました。

 

それぞれの個性、それぞれの感性が描いた、富士の姿をお楽しみください。

 

(上)高取稚成《富士百趣》

開催期間

2016年11月12日(土) から 2016年12月18日(日) まで

会場

富士川楽座4Fフジヤマギャラリー

入場料

500円(小学生以下無料)

但しお子様入場の場合、保護者の同伴要

開催時間

午前10:00から午後5:00まで(最終入場/午後4:30)

主催 富士市/富士川まちづくり株式会社
共催 野間文化財団
後援 静岡新聞社・静岡放送/テレビ静岡/ 静岡朝日テレビ/静岡第一テレビ/富士ニュース社/岳南朝日新聞社/庵原新聞社
問い合せ先

富士川楽座野間コレクション係

0545-81-5555(代)waiwai@fujikawarakuza.co.jp

photocon

 

  近代日本画壇を代表する画家の手による色紙群「富士百趣」50点をを厳選いたしました。

 

  荒木十畝 作 「富士百趣」4点

 

  池上秀畝 作 「富士百趣」4点

 

  小堀鞆音 作 「富士百趣」4点

 

  高取稚成 作 「富士百趣」4点

 

  松岡映丘 作 「富士百趣」1点

 

  穴山勝堂 作 「富士百趣」4点

 

  山口蓬春 作 「富士百趣」4点

 

  吉村忠夫 作 「富士百趣」4点

 

  川村曼舟 作 「富士百趣」2点

 

  菊池契月 作 「富士百趣」2点

 

  西山翠嶂 作 「富士百趣」4点

 

  小室翠雲 作 「富士百趣」4点

 

  土田麦僊 作 「富士百趣」4点

 

  矢野橋村 作 「富士百趣」4点

 

  福田平八郎作 「富士百趣」1点

 

※都合により作家が変更となる場合がございます。

 

 

photocon

 

E C

土田麦僊「富士百趣」

 

D A

高取雅成「富士百趣」

 

photocon

 

富士百趣A4_おもて-R8最終 富士百趣A4_うら-R8最終