ニュートリノ物理学の研究で世界的に有名な物理学者であり、静岡県富士市名誉市民の戸塚洋二博士について紹介するコーナー。

生い立ちから大学まで

  • 戸塚博士は、1942年3月6日、富士山と駿河湾など豊かな自然に囲まれたまち、静岡県富士郡吉永村(現・富士市)に生まれました。小学校から高校まで故郷で学んだのち、東京大学理学部および同大学院に進学、小柴昌俊博士に師事し物理学者を志します。

ニュートリノ研究による数々の受賞

  • 多年にわたり宇宙線物理学の研究・教育に努め、物理学の歴史に残る卓越した業績を挙げた戸塚博士は、この分野の発展に顕著な貢献をしました。

    世界でもトップレベルの科学者と高く評価され、国内外で多くの賞を受賞しています。このため、富士市の興隆と社会文化進展への貢献を称し、2003年、富士市で初の名誉市民の称号が贈られ、2004年、科学技術や芸術などの文化の発展で特に功績のある者に授与される文化勲章を受章しました。

戸塚洋二博士のご経歴

  • 1942 3月6日に吉永村富士岡に生まれる
    1954 吉永村立吉永第一小学校卒業
    1957 吉原市立穆清中学校卒業
    1960 静岡県立富士高等学校卒業
    1972 DESY(ドイツ電子シンクロトロン)研究所へ長期出張
    1987 東京大学理学博士 学位取得
    1987 仁科記念賞 受賞[超新星爆発にともなうニュートリノの検出の功績による]
    1987 東京大学理学部教授 就任
    1995 ヨーロッパ物理学会特別賞 受賞[グルーオン存在の確立による]
    1995 東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設長 就任
    1997 東京大学宇宙線研究所長 就任
    1999 朝日賞 受賞[ニュートリノに質量があることの発見の功績による]
    2001 紫綬褒章 受章[宇宙線物理学・素粒子物理学研究の功績による]
    2002 アメリカ物理学会パノフスキー賞 受賞[太陽ニュートリノによるニュートリノ振動の賞賛すべき実験的検証の功績による]
    2002 文化功労者 顕彰[宇宙線天文学の発展への貢献による]
    2003 富士市名誉市民 顕彰
    2003 高エネルギー加速器研究機構長 就任
    2004 文化勲章 受章[宇宙線物理学の発展への貢献による]
    2005 東京大学特別栄誉教授 授与
    2006 日本学術振興会学術システム研究センター所長 就任
    2007 ベンジャミン・フランクリン・メダル 受賞[ニュートリノ振動現象及び質量発見の功績による]
    2008 7月10日 逝去

フロアマップ

館内マップ 4F
館内マップ 3F
館内マップ 2F
館内マップ 1F