ノーベル賞を受賞し日本が世界をけん引する研究分野となったニュートリノ研究。歴史的発見の中心にはいつも戸塚博士がいました。
このコーナーで戸塚博士の輝かしい業績を振りかえりましょう。

超新星爆発によるニュートリノの観察

  • 1987年2月23日、スーパーカミオカンデの前身、カミオカンデが大マゼラン星雲で発生した超新星爆発によるニュートリノを世界で初めてとらえました。

    超新星爆発の理論の正しさが証明され、ニュートリノ天文学の幕開けとなりました。

小柴博士が切り開いたニュートリノ天文学

  • ニュートリノ天文学を切り開いた小柴博士は、その功績が評価され、2002年にノーベル物理学賞を受賞しました。

    このニュートリノ天文学は、戸塚博士、そして梶田博士へと引き継がれ、発展しました。

スーパーカミオカンデの建設と陣頭指揮

  • 戸塚博士は、1987年に定年退官された小柴博士の後を継ぎ、スーパーカミオカンデの建設を主導しました。

    完成後は施設長として、梶田博士とともに研究グループを率い「ニュートリノ振動」という歴史的大発見を導きました。

スーパーカミオカンデを率いる戸塚博士

  • 戸塚博士はスーパーカミオカンデの研究代表者として、2015年にノーベル賞を受賞した梶田隆章博士をはじめとする研究グループを率い、1998年に「ニュートリノ振動の発見」という科学の歴史に残る大きな成果を導きました。

この後の活躍については、ご来館の際にお確かめください。この後の活躍については、ご来館の際にお確かめください。

フロアマップ

館内マップ 4F
館内マップ 3F
館内マップ 2F
館内マップ 1F