• 上映中の番組
  • メガスターとは
  • ぷらっとプラネ

メガスターとは

MEGASTAR Ⅱ-B

直径10m~16mドーム用に開発されたミドルレンジモデル。全世界に数多く存在する中型プラネタリウム館に低コストで、扱いやすく、美しい星空を投影できるプラネタリウムを提供したい、というコンセプトから、当機は生まれた。

投影星数は最大で1000万個と、星空の再現力は折り紙つき。中型機種としては世界で初めて主光源にLEDを採用し、本体は300W以下というエコロジー仕様。また、全ての回転部分の接点に極めて長寿命のシール型スリップリングを使い、徹底したメンテナンス・フリー設計。MEGASTAR Ⅱ-A同様に、太陽・月・惑星投影機も装備可能で、デジタルプラネタリウムと連動するオートジオメトリ機能も搭載。大型館にひけを取らないクオリティの高い投影が可能。

(大平技研HPより引用)

開発者 大平貴之

プラネタリウム・クリエーター。

小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、大学時代に、アマチュアでは例のないレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。

1998年にこれまでの100倍以上にあたる150万個の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」を発表し、話題に。2004年には日本科学未来館と共同開発した、投影星数560万個のMEGASTAR Ⅱ cosmos がギネスワールドレコーズに認定される。

2010年10月にはインド・ニューデリーに海外初常設設置、2011年5月にはエストニア・タルトゥに360度全天球プラネタリウムを設置するなど、海外での活動もめざましい。

2011年7月には富士川楽座に設置したMEGASTAR-ⅡBが、新たにギネスワールドレコ―ズの認定を受けた。信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。

東京大学特任教員、和歌山大学客員教授。

受賞歴:日本大学優秀賞、川崎アゼリア輝賞、日本イノベーター大賞優秀賞(日経BP社)、BVLGARIブリリアント・ドリーム・アワード2006、文部科学大臣表彰

(大平技研HPより引用)

有料施設の料金・休館日

施設名 入場料
  一般 団体
4Fプラネタリウム
わいわい劇場
大人 600円 550円
小人 300円 250円
  • 2施設セット券

      一般 団体
    大人 1,100円 1,000円
    小人 500円 450円
  • フリーパスポート

      一般
    大人 3,000円
    小人 1,500円
  • ※表中の「こども」は3歳以上です。3歳未満のお子様は無料です。

    ※団体料金は20名様以上のグループに適用させて頂きます。

    ※フリーパスポートは発行日より6ヶ月間有効です。

    ※障害者の方および介添えの方は1名は無料です。

    ※上記料金は消費税込みです。

  • お得なサービス

    共済会割引

    有料施設が下記の特別優待料金にて、入場できます。

    共済会名 対象 大人 小人
    静岡県市町村職員共済組合 どんぶら・わいわい劇場
    セット券
    200円 100円
    静岡市勤労者福祉サービスセンター どんぶら・わいわい劇場
    単券
    300円 無料
    富士市勤労者福祉サービスセンター どんぶら・わいわい劇場
    単券
    300円 無料

有料施設の休館日・臨時休館

定休日
火曜日
臨時休館
企画展の準備期間(不定期)
(臨時休館を設ける場合には、ホームページ等でお知らせいたします。)