• 上映中の番組
  • メガスターとは
  • ぷらっとプラネ

メガスターとは

MEGASTAR Ⅱ-A

プラネタリウム・クリエーター 大平貴之氏によって生み出された、次世代プラネタリウムシステム。1998年にIPS(国際プラネタリウム協会)で従来の100倍相当の恒星を投影し業界に革命がもたらされ、ギネスブックにも掲載されました。

 

“MEGASTAR Ⅱ-A”は、直径10~23mまでのドームに適合したモデルで、投影恒星数は100万~2000万個。星座が見分けやすい100万個の星空から、双眼鏡を使って星雲星団を探すことができる最大2000万個の荘厳な星空までが投影可能です。

 

星の元となる恒星原板に 7/10,000㎜という極小の穴が開けられており、肉眼では見分けられないような微細な星粒まで投影されます。また、最大62 個のブライト・スターは、固有の色と明るさを忠実に再現し、中・大型ドーム対応機としては世界で初めて、主光源にLEDを採用しています。

 

さらに太陽・月・惑星投影機も装備可能で、デジタルプラネタリウムと連動するオートジオメトリ機能も搭載。大型館にひけを取らないクオリティの高い投影が可能です。

大平技研HPより引用)

開発者 大平貴之

プラネタリウム・クリエーター。大平技研代表取締役。

 

小学生の頃からプラネタリウムの自作に取り組み、大学時代に、アマチュアでは例のないレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功し、1998年に従来の100倍以上の星を映し出す「MEGASTAR(メガスター)」を発表し、話題に。2004年には日本科学未来館と共同開発した”MEGASTAR Ⅱ cosmos”、2011年には富士川楽座に設置した”MEGASTAR-ⅡB”が、ギネスワールドレコ―ズの認定を受けた。

 

また、世界初の光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」、2012 年には全く新しい投影方式である「MEGASTAR-FUSION」、2016年には超小型「MEGASTAR CLASS」を発表するなど活動・開発は多岐に渡る。信条は、「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。

 

受賞歴:日本大学優秀賞、川崎アゼリア輝賞、日本イノベーター大賞優秀賞(日経BP 社)、BVLGARI ブリリアント・ドリーム・アワード2006、文部科学大臣表彰・科学技術賞

大平技研HPより引用)

 

有料施設の料金・休館日

施設名 入場料
一般 団体
4Fプラネタリウム
わいわい劇場
大人 620円 570円
小人 310円 280円
  • 2施設セット券

    一般 団体
    大人 1,150円 1,030円
    小人 570円 510円
  • フリーパスポート

    一般
    大人 3,130円
    小人 1,560円
  • ※表中の「こども」は3歳以上です。3歳未満のお子様は無料です。

    ※団体料金は20名様以上のグループに適用させて頂きます。

    ※フリーパスポートは発行日より6ヶ月間有効です。

    ※障害者の方および介添えの方は1名は無料です。

    ※上記料金は消費税込みです。

  • ※上記は、2020年4月8日からの新料金となります。

  • お得なサービス

    共済会割引

    有料施設が下記の特別優待料金にて、入場できます。

    共済会名 対象 大人 小人
    静岡県市町村職員共済組合 どんぶら・わいわい劇場
    セット券
    230円 160円
    静岡市勤労者福祉サービスセンター どんぶら・わいわい劇場
    単券
    320円 30円
    富士市勤労者福祉サービスセンター どんぶら・わいわい劇場
    単券
    320円 無料
  •  

    ※上記は、2020年4月8日からの新料金となります。

有料施設の休館日・臨時休館

定休日
火曜日
臨時休館
企画展の準備期間(不定期)
(臨時休館を設ける場合には、ホームページ等でお知らせいたします。)